売却前に確認すべきこと

不動産を円滑に売却する為には、まず売却にかかる諸経費や不動産の権利関係を把握した上で売却活動を始めることです。売却の手続きや手順は予め整理しておきましょう。

不動産を売却するにあたって、実は様々な経費がかかります。
不動産売却をすることによって手元に残るか?というのは下記の公式のもと、算出されます。

手元に残る資金=売却価格-(ローン残債+諸経費)

不動産の売却にかかる費用というのは物件の状態や売却方法によって大きく変わります。売却の手続きをする中で都度、仲介業務を依頼する不動産会社にも相談して把握しておくようにしましょう。

この売却にかかる諸経費というものは下記に値します。
・不動産会社へ媒介契約に基づいて発生する仲介手数料
・抵当権抹消費用(ローン残債がある場合に発生)
・不動産売買契約書に貼る印紙税
・測量費用(測量して引き渡す場合に発生)
・建物解体費用(土地を更地にして引き渡す場合に発生)
・譲渡所得税(売却をすることによって利益が出る場合に所得税と住民税が発生)
・引越費用

最低でも仲介手数料、印紙税、引越費用が発生して、それ以外は都度発生となります。この都度発生する部分は不動産会社に相談するといいでしょう。

    注目情報

  • 暑さ寒さに対応したRC外断熱を採用した住居建築をお考えなら、蓄熱量の大きさを生かし小さなエネルギーで室内温度差の少ない室内環境を実現できるこのサイトがおすすめです。

ページトップへ戻る
Copyright(C) 知らないと得する不動産オトク情報! All Rights Reserved.