知らないと得する不動産オトク情報! TOP > 不動産の豆知識 > 不動産会社が行う仲介業務とは?

不動産会社が行う仲介業務とは?

不動産を売却する時には不動産会社に仲介してもらい、売り主に変わって販促や宣伝を行います。
その前に売り主と不動産会社は綿密な打ち合わせをし、販売活動を始めます。

不動産会社はまず売却物件を見た上で物件価格を査定します。その上で売り出し価格を売り主と協議した上で設定を行います。
そしてここからが本格的な仲介業務がスタートします。
広告宣伝やレインズ(不動産流通機構)への登録、自社の顧客へ物件の紹介などに寄って購入希望者を探します。

ここで購入希望者との条件交渉です。
購入希望者と売り主の間に立って、売買価格やその他色々な条件について折り合いがつくまで調整・交渉を行います。

交渉がまとまれば売買契約の締結をするのですが、その売買契約の締結前に不動産会社は買い主へ重要事項を説明します。この説明を行うことで購入後のトラブルを防止します。
売買契約書の作成と買い主に対して住宅ローンのアドバイスを行います。(ローンを希望する方に対してのアドバイス)
そして現地立ち会いに夜確認、引き渡し手続きをして一連の仲介業務が終了します。

これは一般的な不動産の売却時に行う不動産会社の仲介業務です。非常に多岐にわたって業務が行われ、専門知識やネットワークが必要になりますから、どうしても個人での販売というのは困難になります。仲介手数料はこれらの業務に対して支払うものとなります。

    ページトップへ戻る
    Copyright(C) 知らないと得する不動産オトク情報! All Rights Reserved.