知らないと得する不動産オトク情報! TOP不動産の豆知識 >必ず抑えておきたい仲介業務のサービス内容

必ず抑えておきたい仲介業務のサービス内容

不動産会社によって、仲介業務をどこまで対応してもらえるのかは異なるということをお伝えしましたが、具体的にどのようにジャッジをしていけば良いのか、というのは気になる所だと思います。

仲介業務を大きく分けると「価格査定・売却価格の設定」、「販売活動」、「売買契約の手続き」が主要業務となり、あとはその会社の特徴や印象を元に不動産会社をジャッジすることが良いと思います。

まず、「価格査定・売却価格の設定」の抑えるポイントとして、価格査定の基準を予め聞いておくと良いでしょう。近隣の物件の平均価格をヒアリングし、その根拠を伺った後に査定をとってもらうなどすると適正な価格査定をしてくれているかがわかると思います。また、売却価格もその査定してもらった価格からどのような基準で設定したのかも聞いておくといいと思います。

「販売活動」は自社顧客への営業も期待したいところですから、アプローチできるリスト数や広告宣伝の戦略を聞いておきましょう。販売可能なタイミングも抑えておきたいですね。

「売買契約の手続き」は全体の売買契約の流れはもちろん、不動産会社がどこまでの支援をしてくれるか、も大切ですので、自分で行う範囲はせめて聞いておきましょう。

この要点を抑えておけば、あとは印象としてイメージの善し悪しもありますから、しっかり話し合ってベストパートナーが見つかるように妥協なく選びましょう。

    ページトップへ戻る
    Copyright(C) 知らないと得する不動産オトク情報! All Rights Reserved.