不動産の販売活動について

不動産を売却するにあたり、売り出し価格を決めます。これは売買価格とは別になります。売り出し価格というのは売り主と不動産会社が話し合い、一般的に公開する価格でありますが、買い主も不動産会社に相談して査定価格と自分の購入希望価格を摺り合わせて購入金額を決めます。そして売り主と買い主がお互いの売り出し価格と購入希望金額を持った上で売買交渉し、折り合いのついたところでようやく「売買価格」というものが決まります。

売買価格は高くつく分にはいいでしょうが、そうは言っても高い価格を設定しても売れなければ元も子もありません。早く買い手を求めるのであればに販売活動を早く終わらせる為に安く設定することも必要でしょう。ただし、安く買取ってもらう場合に注意しなければならないのが、買い換えの場合です。不動産の売却益を買い換えの資金に充てる方が多いのですが、この時に安くしすぎると資金不足や資金繰りが厳しくなることも充分考えられます。
バランスを見ながら計画的に売り出し価格を設定しましょう。

売り出し価格を決めて売り出しを開始したらあとは内覧の準備もしないといけません。キレイな状態ではないとせっかくの購入意欲も薄れますから好印象を与えられるように準備しましょう。

    ページトップへ戻る
    Copyright(C) 知らないと得する不動産オトク情報! All Rights Reserved.