不動産会社の価格査定とは

不動産会社の仲介業務の中の一つ、価格査定のことについてご説明します。
価格査定は不動産の専門家である不動産会社による不動産価格を評価するものです。これはあくまで「不動産の売買取引をすること」が前提の査定となり、この場で査定した金額は購入希望者に提示する販売価格の参考として用います。不動産の専門家による価格査定ですので、取引事例等の客観的な参考データになります。

査定にも種類があります。
まず、周囲の売買取引をした事例や周辺の設備などの街そのものの特性を元に査定額を算出する「簡易査定」、「机上査定」です。
これらはおおむねの相場を把握する際に利用することが多いです。これはあくまで売却を検討しよう、という初期の段階で査定する時の査定手段です。

一方「詳細査定」、「訪問査定」という査定手段もあります。これは本格的にその不動産の販売価格を設定する時の査定手段です。
これは実際の物件を細かく確認して算出します。土地の地形や形状、日当り、建物の内観・外観の痛み、接道状況などをチェックし、法務局や行政庁などで登記簿や法規制、インフラの設備状況を調査するので、かなり具体的な金額を提示することが可能です。

このあたりは予備知識として相談時に抑えておくと不動産会社との金額の相談にも役に立つかと思います。

    ページトップへ戻る
    Copyright(C) 知らないと得する不動産オトク情報! All Rights Reserved.